2019年8月5日月曜日

ラフティングボート バナナボートの修理

この時期になると、ラフティングボートやバナナボートの修理問い合わせが多くなります。

私は以前(10年以上前)、ラフティングツアーを運営するアウトドアツアーの会社に勤務していました。そこはボート数20艇以上を所有する会社で、そこでラフティングボート修理を担当していました。ボートは古い物もあり1ヵ所修理すれば、また別の個所が、別のボートが、破ける、接着が剥がれるなど1日1艇~3艇ほどラフティングツアー終了後に毎日のように修理を行っていた時期がありました。あらゆる個所の修理を行い、修理経験は数百回はあると思われます。

またこれまでに数社のボートメーカーで修理方法も学びましたが、1からボートを作れないとボート修理は無理だと感じたのと、メーカーでボートを作っている、おばさん(20年以上の経験者)に、「20年以上も毎日のように行っている、わずかな時間で習得出来る技術では無い!」と叱られたことも有りましたが、本当におっしゃる通りです。

ボートを大事に扱う、保管する。それですね。
ラフティングツアー、バナナボート使用している方、ツアーを行っている会社のスタッフの方で破損すること、破けることを前提に扱っている方がどれ位いるだろうか。破れないと、ちょっととしたぐらいでは壊れないと思っているのでは。

扱いや保管方法で使用する寿命は間違いなく長くなります。

以下は、使用や保管の注意事項です。


  • 使用前には、毎回必ずラフトボート全体の確認。
  • アウターチューブライン、スォートチューブラインの遊びが無いようにする。
  • ボート搬送時は足元に十分注意する。
  • 独りでの搬送を避け重さの負担を軽減するために複数の方で搬送する。
  • ボートを引きずらない。(ボート生地が破損します)
  • ボートを高い位置から投げ落とさない。(ボート生地が破損します)
  • 各Dリングは接着剤で取付けの為に大きな力で引くと接着面が剥がれます、力を分散するなど負荷が掛からないように工夫する。
  • 岩等に故意に当てない。(ボート生地が破損します)
  • 炎天下に放置しない。(接着面は熱に弱い為、接着力が弱まり剥がれます)
  • 空気注入口のバルブより空気漏れが無いか確認。
  • ラフトボート床面にある空気圧調節弁が機能するか確認。
  • 空気調節弁が働かない場合は破損している可能性。
  • 空気入れ過ぎ、炎天下では空気調節弁からのリリースが追いつかない事が有る。
  • 天候、気温、水温によって空気圧の調整を行う。
  • 汚れた場合は水を掛け砂等の汚れを取り除く。
  • 河川、海での使用時には気象状況、水理現象、流れ等充分な知識が必要。
  • ラフトボートの保管は紫外線が当たらない場所で保管。
  • 膨らませた状態で保管をする。
  • 丸めて(ロールアップ)保管する場合には、軽くまるめ、立てない。



ラフトボートの修理(穴あき)
ボートを修理してくれる業者は国内には殆どありません、対応してもらえてもそれなりの修理費用は発生します。自身で修理する技術を身に着けることです。

このページにたどり着いているようであればすでに手遅れで、ボートが破損し修理方法を検索し、このページにたどり着いたのでしょう。
以下は修理の一例です。
要は接着剤の接着力と、ちょっと器用であれば単純な穴あき修理は出来ます。
1㎝程の穴が開いた場合は、中から生地を張り付けることをお勧めします。
下記はネズミに悪戯されたそうで、複数個所が画像の様な穴が開いている珍しいケースではあります。
※後に丸い生地が残っていたことに気付き、後では丸くマスキングテープを貼り変えています。
 ※画像は最初の画像の場所と異なります。やすりを掛けている写真を取り忘れたので・・・
やすりで凹凸やコーティングを削ります。削り面をきれいに拭きます。
この日は湿度60%前後でした。
右側の四角の黒い生地は内側から張り付ける生地です。
薄く接着剤を1度塗り7分乾燥させました、ボートの内側からも薄く塗ります。その後2度目薄く塗っています。さらに7分乾燥させました。

穴が小さい場合、通常は下記写真の生地と生地の張り合わせ(縦に貼っている生地)を外し内側から接着剤を塗りますが、それを行う勇気が無いですね。それが出来るぐらいならこのレベルの修理は簡単に行えると思います。
生地にはあらかじめ十字に印を付けています。
穴から内側から貼る生地を入れ、目印の十字を合わせます。
少しドライヤーで熱を与えながらローラーなどで押しながら貼り付けます
丸生地が残っていたのでマスキングテープを丸く貼り変えています。
外側にも薄く接着剤を2回、乾燥時間を各7分乾燥させています。
丸生地にも十字で印を入れ貼り合わせてます。
ドライヤーとローラーで押し、貼り付けます。
約24時間乾燥。
石鹸水で空気漏れが無いかを確認します。

全部で大なり小なり6か所ほど悪戯されており、それなりに大きな穴も有りましたが、使用できる状態に修復しています。黒生地の修理箇所は全て内側からも生地を貼り付けています。





2019年7月26日金曜日

救助用船外機付きゴムボート(インフレターブルレスキューボート)の船舶検査

船舶安全法に基づく船舶検査では下記の船舶は船舶検査が免除されています。

※災害発生時のみに使用される救難用船舶(国または地方公共団体が所有する船舶のみ)

消防等が所有する船外機を付けるゴムボートなどは船舶検査が免除されます。

国土交通省に電話で確認しました、その担当者がおっしゃるにはです。

ただし、災害発生時のみに使用されるなので、訓練で使用する場合は別です。

なんだ、それって!!感じです。船舶検査を通す必要があります。だ、そうです。


レスキュー3SRT1講習では手漕ぎボートを使用しますが、動力を使うとアナログの物は限界性を感じます。それにはそれのメリット、船外機には船外機のメリットが有るのでどちらも否定しません。両方使えることが望ましいですね。


ちなみに動力船(規定の船)に乗船するときはライフジャケット(PFD)は昨年より着用義務になりましたが、下記、船外において、専用の装備を用いた作業をする方は免除となります。
潜水漁業、救助、調査、工事などの船外において行う作業を行うために、船上で専用の装備を着ている間は、その上からさらに重ねてライフジャケットを着ることが専用の装備の機能を阻害する場合に限り、適用除外になります。

※救助訓練中も違反ではありません。詳しくは国土交通省へ確認して下さい。




2019年6月29日土曜日

急流救助(スィフトウォータレスキュー)講習 

西日本も梅雨入りしました。

6月は某消防学校の教官方の依頼と先日は大分県大野川で2回の講習を開催しました。
川の危険要素に水圧があります。安全への活動はこの危険要素を回避、排除することです。

ロープを投げて行う救助(スローロープ)においても、要救助者がロープを掴み、ロープが張ると水圧を受けます。救助者が足で踏ん張ってロープを保持しても、自然の力には勝てません。どうやって水圧を減少させながら要救助者を安全な場所に誘導するかです。


下記の写真もがむしゃらに角度を作り泳ぐだけではありません、いかに効率よく泳ぐか、いかに環境を利用するかです。


7月、9月の講習もまだ申込を受け付けています。
興味のある方は是非ご参加下さい。クリック→ レスキュー3 SRT1講習

下記は大分県大野川のサイトです。

2019年6月3日月曜日

特殊小型船舶免許 最短1日コース

私が実技担当をするかどうかは分かりませんが、遊びの幅、救助の幅を広げるためにもいかがでしょうか。

特殊小型船舶免許 最短1日コース
1.事前に自習にて学科試験の対策
2.お越しいただく1日で学科試験&実技教習
★参加条件★
事前にしっかり自宅学習できる方を参加条件とさせて頂きます。
※国家試験の為、キャンセルは出来ません。
令和元年 特殊最短1日コース日程
6月21日(金)
7月5日(金)
7月19日(金)
8月2日(金)
8月16日(金)
9月6日(金)
9月20日(金)
会場は高石市高石マリーナにて!
(税込)¥54,800円
詳細案内&ご予約は電話連絡お待ちしております。
各日程締め切りは14日前までに要連絡
電話 06-6612-4936 JEIS近畿
水上バイク国家試験免除コースはこちら!
http://www.jeiskinki.or.jp/beginner/?ca=3

2019年5月10日金曜日

ロープノット・結索・結び方・rope knot(基礎・基本)

基礎、基本が大事!!と耳にすることがある。
「基礎、基本って何だ?」って思うこともある。

基礎、基本の意味を調べてみた。
基礎とは、物事の土台になるもののこと
基礎という言葉は建築物の「基礎」が由来になっています。建築物の基礎はその上に何かを建てるために絶対に必要なものです。

基本とは、物事の軸になるもののこと
基本の「本」はそもそも物事の中心や正しさのことを表しています。そして、これは物事の軸になり、基本の一部を変えていくことで、さらに発展させ、応用することができます。

当社のロープレスキュー講習は基本、基礎に重要度を高めています。
これを無くしてハイラインシステムはあり得ない。
絵や画像を見れば誰でも作れますけどね(笑)
ご参加お待ちしています。クリック→ロープレスキュー講習

全ては基礎、基本を無くしては何も始まらない。
ロープの結び方では、こんな感じですか。

これより簡単な結びは無いでしょう。ここが基本です。
ひとまわり(1回転)です。一結び(オーバーハンド)

少し変化させます。
一結びから、さらに半回転増やして8の字結び(エイトノット)

さらに少し変化させます
半回転(2回転)増やして二結び(ダブルオーバーハンド)

ロープの先端を2折して輪をつくります。

2折した状態から、ひとまわり(1回転)フューラー結び
フューラーって意味は知りませんが・・・

2折して1.5回転して8の字結び(エイトノット)

2019年4月25日木曜日

チューブラウェビング


BLUE WATER ROPES社のチューブラーウェビングをお買い求めやすい価格で販売しています。
また送料についてはご注文商品数によってはレターパック510(送料510円)で対応させて頂きます。

端末の斜めへのカットにも対応させて頂いています。
下記よりご注文頂けます。

2019年4月18日木曜日

レスキュー講習日程の追加

2019年レスキュー(ロープ・スィフトウォーター)講習日程を追加しています。
ご検討を頂ければと思います。

●ロープレスキュー講習
レスキュー3テクニカルロープレスキュー講習
10月 秋田県北秋田市、大阪府貝塚市
11月 広島県三次市、大分県豊後大野市

アリゾナボーテックスフレーム講習
5月、11月 大阪府貝塚市

●スィフトウォーターレスキュー講習
スィフトウォーターレスキュー講習
6月 9月、大分県/大野川
6月 9月、奈良県/吉野川