2020年6月17日水曜日

水難救助 ボートの使用


転覆しても復元出来るラフトボート等の空気注入型の船、水上バイクは訓練で流速や巻き返し、波の高さ等、どのレベルで転覆するか、その機材の限界幅が把握しやすい。 
転覆時に怪我をしない保証はないが、転覆する限界まで、または限界を超えて(転覆)訓練し経験する事が出来る。 

先日、河口付近での小型船舶免許講習時、前日までの大雨で川幅が広く海からの風で川の下流から上流への流れがあり、一時的(状況はすぐに落ち着きました)にわりと大きな波が出来ていました。 
過去に日本一の激流と言われる四国吉野川や海外でのラフティングガイド経験がある私にはラフトボートではあまり恐怖を感じない程度の波の大きさでしたが、転覆する事が許されない動力船ではどのレベルまで対応出来るのか転覆経験が無いために少し恐怖を感じました。恐怖を感じたところで既に私の限界であることは間違いないのですが、それでは船の性能を活かしきれていません。 
動力船での限界を知るには、まだまだ経験が不足していると感じた日になりました。 

下記の画像は、まだ穏やかな状況ではありますが、川幅の広さや真ん中に流木が流れているのが辛うじて確認出来ます。(パソコン、タブレットやスマートフォンのサイズによっては流木は確認が出来ないかも知れません)その流木の大きさは2~3mはありました。

動力船の弱点には、水深や転覆が許されないだけでなく、増水時に上流から次々と流れてくる流木やゴミ、これらの接触や、これらが冷却水の吸込み口を塞いだり、プロペラに巻込むなどすればエンジントラブルの原因となり推進力を失ってしまいます。

広い面積で被害が起こる都市型洪水では動力船(空気注入型を含む)は威力を発揮しますが使用にも注意が必要と感じました、とは言えラフトボートの様な手漕ぎボートでは迅速性に欠けます。

状況判断から使用する機材の選択は非常に難しいと感じることが出来た日になりました。
流木やゴミが流れてくる災害時に近い訓練も簡単に出来ない為に判断もより難しくなります。







2020年5月31日日曜日

コロナの影響で各地海水浴場が開設されない。

コロナウイルス感染予防?ライフガードの手配が出来ないから?で各地の海水浴場が開設されない。
暑い夏は水に入りたくなりますがプールの営業も厳しいでしょう。と思いきや営業するところも。

川はどうなる???
海の家、シャワー室、更衣室も、もともと無いので立ち入りに規制が掛かることは無いでしょうね、事故が増える(起こる)までは。
川に人が集まると水難事故が増えることは容易に考えられる。

一般の人の殆どが川の知識がないので微妙な水位の変化の判断は難しいでしょうし、どこに危険が潜んでいるかも分からない。海水浴場の様にライフガードや、プールの様に監視員も居ない。

地域の方々は事前事後の準備が必要です。

川に入る時は、浮力があり体にフィットしたライフジャケットを着用しましょう。







2020年5月27日水曜日

水難救助 ドライスーツ

毎年、「何十年に1度の大雨!」で被害を受けている地域が必ず国内のどこかにある。2昨年前は西日本で昨年は、関東から北の地域で大規模な洪水が発生しました。
川の氾濫などで街に入ってきた水との接触は出来る限り避ける(べきだ)。工場や浸水した車両の燃料、油、家庭ごみ、下水、家畜の排出物、動物の死骸等々、この様な中で活動される方は個人の衛星管理が必要になります。水圧や流れが無くても水そのものが危険物になり出来る限り、それとの接触は避けたいですね。
ウェットスーツは、きれいな川では有効的ですが、洪水環境では使用は避けた方が良いですね。
ドライスーツも手首や首のラテックスゴムから、ウェットスーツに使用されるネオプレーン生地で快適になっています。ポケットなどのオプションも加えられます。ご検討下さい。

お問い合わせは下記へ

ポシビリティ合同会社








2020年5月24日日曜日

空気注入型 スレッド(そり)

水難救助時に使用される船にはいろいろなタイプがあります。ラフトボート、動力船(空気注入型船外機等)、水上バイク、水陸両用車等。どれも状況によってその能力を発揮します。私は水陸両用車以外は操船は出来ますが、どれも簡単では無いですね。経験不足から気付かずに大変なことになった経験もたくさんあります。知識不足や経験不足から、気付いた時には手遅れになることも。その船の能力を最大限活かすかどうかは操縦者の技術によります。未熟であれば活かすどころか使用しない方が良かったと言う残念な結果になることも言えるでしょう。組織の状況や近場に水辺がない等で訓練が思うように出来ない事がほとんどだと思います。※自主的に活動されている方もいらっしゃいますが、多くは無いでしょう。

今回は比較的に操作が簡単、持ち運びしやすいスレッド(そり)を紹介します。空気注入型のスレッドです。
水上バイクの後ろに取り付けるスレッドは見た事はあると思います。それと、2人乗りの空気注入型のカヌーを足して割ったような物です。
高い浮力があり静水であれば5人~6人が乗ることが出来、Dリングも多くあり陸上からのテザーシステム、動力船や水上バイクで引く事も出来ます。床は平らな形状ですので要救助者を安定した状態で搬送出来ます。

浅い水域、浸水時、都市型洪水、河川、湖等、使用域が広いので有効的な活動が行えると思います。少なくとも浸水地域でボート引き歩くより安全で迅速な活動が行えるでしょう。大きさはラフトボートほど大きくは有りませんので搬送容量の限界幅は少し低いです。

長さ約360センチ
幅約116センチ

価格は生地の素材で変わりますが25万~35万円程になりますが数百万円(水上バイク、船外機船)~何千万円(水陸両用車)の費用を少し削って1艇この装備も追加すると限界幅がかなり広がるでしょう。


お問い合わせは下記まで

ポシビリティ合同会社
財田拓弥
mail@possibility-t.com
TEL090-6202-4689




2020年5月12日火曜日

SMSB(DMDB)とDCTTRS


やや落ち着きだしてきたかと感じるコロナウィルス。
まだ油断は禁物ですが、感染者が減少していることに少し安心しています。
人に会うの事や、混雑した場所がこんなに抵抗を感じるようになるとは・・・

1ヵ月更新していませんでしたので、近況報告まで。

コロナウィルスの影響で自宅からほとんど出ることも講習も無かったので知識アップに努めています。
タイトルにあるSMSB(DMDB)とTTRS。2人の先生のレポートは合計120ページ以上(片方の先生が提出したレポートは350ページ以上だとか)、写真や図、グラフで埋められている訳でなく、よくもまぁ、これだけのことが書けるなぁと感心しとります。感心だけでなく
やや落ち着きだしてきたかと感じるコロナウィルス。
まだ油断は禁物ですが、感染者が減少していることに少し安心しています。
人に会うの事や、混雑した場所がこんなに抵抗を感じるようになるとは・・・

1ヵ月更新していませんでしたので、近況報告まで。

コロナウィルスの影響で自宅からほとんど出ることも講習も無かったので知識アップに努めています。
タイトルにあるSMSB(DMDB)とTTRS。2人の先生のレポートは合計120ページ以上(片方の先生が提出したレポートは350ページだとか)あり、写真や図、グラフで埋められている訳でなく、よくもまぁ、これだけのことが書けるなぁと感心しとります。感心だけでなく、改めて何事も深いと感じています。この先生方の講習は決して複雑なシステムを紹介するわけでなく、考え方やそれぞれの理由を教えて頂き、後にいろいろな事の理解が進みやすくなりました。

こんな機会だったので、今回はしっかり時間をかけて現在この情報をややこしくない様にお伝え出来るように再度確認し、今後もまだ暇な時間が続く(泣)だろうこの機会に資料作りに励みます。
そして題名の件だけでなく、さらに他の項目、他の分野においてもパワーアップした講習が行えるように準備を続けています。










2020年4月7日火曜日

装備

コロナウィルスにより本日にも緊急事態宣言が出されます。

個人で活動していますので商品の販売は継続して行っています。
また流水(水難)救助資器材については新しい商品を取り入れる準備を行っています。
ロープレスキュー講習活動は大阪府で普段使用しています施設がコロナの影響で施設を閉鎖しています、施設再開までは大阪府では対応出来ません。
今のこの時間は、自身の為のスキル(知識)アップと鈍らない様に体力維持(ストレッチレベル及び軽い筋トレですが)に努めています。


下記は定期的に注文を頂く個人装備エッジキットですが、自己確保だけでなく多用途に使えるこの装備はお勧めです。他社様では5倍力の既製品も販売されていますが、高価で手が出ない方にはこれに小さな滑車(シングルでも)を2枚付けることで使用の幅が広がりますね。




最近の人気商品はVTプルジックです。
タンデムプルジックより操作性が良い、緩みにくい(緩まないと言えそう)、セッティングが早い。