2019年10月25日金曜日

ロープレスキュー秋田県

昨年に引き続き秋田県でレスキュー3ロープレスキュー講習を行いました。

生活の違い、言葉の違い、日の入りの違い、地域が変われば変わるもんだと改めて感じました。





2019年10月17日木曜日

水難救助講習、ラフティングボート操船

テレビの報道で今回の台風の被害の様子を知り、驚いています。
一日も早い復興をただひたすらにお祈りします。

これまで、川の講習についてはレスキュー3での1日講習と3日間の講習活動を行ってきましたが
2020年よりオリジナルの川の講習を行っていきたいと思います。

今年も何件も発生した川遊びでの事故、そして近年台風、ゲリラ豪雨での災害が増えているように思います。

まだまだ、世間には川についての情報が広まっていない様に思います。

川遊びでの事故でについては、連続して事故が起こると「遊泳禁止」になり、「川遊びをしないように教育?」を行っていると話も聞いてビックリしました。
学校関係者、教育施設、川に隣接するキャンプ場管理者やボーイスカウトや子供会等、一般向けに川について川の構造や、なぜ川が危険なのか、その危険をどうやって回避するのか、川で楽しく遊ぶ為に知己と体験型の講習を始めて行きたいと考えています。

河川の氾濫など洪水においては、救助関係者(警察や自衛隊も含めて)むけの1日~2日間のボートを使用した救助、操船(手漕ぎ)の講習を行いたいと思います。
テレビで見る限りなので、実際の状況は分かりませんが、少しの操船技術でもう少し迅速に活動が出来たかと思う映像もいくつか確認しました。
充分な深さがありボートのエントリーが容易であればやはり動力のボートの使用です。こちらも出来る限り早く操船体験が出来るように勧めて行きたいと思います。
ただし、これには免許が必要になります。船舶免許を取得して頂くことを先に進めて頂きます。




※救助関係とは別になりますが、将来的に国内、海外どこでも通用するラフティングガイドを目指している方、ラフティング会社向けの講習も始めたいと思います。
どこのラフティング会社よりも詳しく学べると思います。上記画像100ページ以上のテキストを準備しています。





2019年10月11日金曜日

台風

昨年(2018年)の大阪での台風の経験から伝えると。
我が家の真ん前には学校があります。
学校の敷地(運動場側の門)まで15mに満たない距離でしょうか。
運動場の向こう側に体育館があり避難場所になっています。
普段は運動場側の門は開いていることはありません、校舎側の門まででも100m程の距離です。


風が強まり「やばい!」と思った時は既に手遅れと感じました。
玄関から先には出る勇気も無かったです。
正直、避難場所の学校が100%安全と言う判断も出来ませんでした。
結局は避難せずに不安な状況で、我が家のどの場所が一番安全なのかと考えているうちに台風が過ぎたと言うところです。
避難すれば、他にも人が居るという安心感はあったと思われます。


避難場所も住宅もどのレベルまで対応出来るかと言う知識も無いですし、
そこに竜巻でも発生すればどうすることも出来ないと思います。
残念ながら台風の影響を受けるかどうかは運でもあります。

だから準備はしなくても良いではありません。
出来る限りの準備は必要、我が家が不安であればより安心出来るところに風が強くなる前に避難が必要です。


今回は雨も多く降る見込みです。
川の増水、氾濫の可能性もあります。
救助側の方もライフジャケットを着用しても、その下に防火衣や活動服を着てる場合は,
第一線ではなく水に入らない、ボートに乗らないようにしましょう。
流された場合、流れある場所では、その様な格好では泳げませんよ。
汚染された水が流れている場合は、感染し死に至ることもあります。


被害が最小限であることを祈ります。
活動時は純分に気を付けてください。









2019年9月5日木曜日

リバーレスキュー講習

岡山県にリバーレスキュー講習を開催しました。

2日目の夕方には岡山県北部でゲリラ豪雨、講習3日目はどうなるかと思いましたが大きな影響はなく受講者の皆さんには良い経験となりました。
岡山県新見市では被害があり以前に受講された新見市の消防職員より学んだ技術で活動が出来たと連絡を受けました。





2019年8月26日月曜日

山口県消防学校 水難救助課程

今年も山口県消防学校より依頼を頂き無事に2日間の河川救助実技課程を行ってきました。

気温30度を超えるなか、分厚いウェットスーツを着用したまま辛い顔一つ見せずに訓練されていました。
底知れぬ体力です。脱帽です。



小型船舶、水上バイク実技学科教員資格取得

ようやく小型船舶実技教員、1級2級学科教員、特殊(水上バイク)実技教員、特殊学科教員、全ての資格を取得する事が出来ました。
上を見れば、まだまだ有るのですが、取り合えずは目標の上記4項目全てを無事に取得出来、少し安心しています。


学科に関しては小型船舶も水上バイクもまだ活動はしていませんが2020年からはスタートしたいと思います。
教える(伝える)事の難しさは、これまで行ってきた講習で実感してますので資格は得たもののお断りしてきました。
秋から冬にかけて準備したいと思います。
趣味や仕事で船舶免許が必要な方は、どこかの会場でお会い出来るかも知れませんね。

下記より船舶免許の受講申込用紙がダウンロード出来ます。
http://www.possibility-r.com/?mode=f4



5名乗りの空気注入型船外機ボートを譲って頂きました、この操船技術もお伝え出来るように準備を進めたいと思います。
ラフティングボート、小型船舶、水上バイク、空気注入型船外機ボート、船の動き、操船方法が異なりそれぞれの癖に慣れるのは大変ですね。



2019年8月5日月曜日

ラフティングボート バナナボートの修理

この時期になると、ラフティングボートやバナナボートの修理問い合わせが多くなります。

私は以前(10年以上前)、ラフティングツアーを運営するアウトドアツアーの会社に勤務していました。そこはボート数20艇以上を所有する会社で、そこでラフティングボート修理を担当していました。ボートは古い物もあり1ヵ所修理すれば、また別の個所が、別のボートが、破ける、接着が剥がれるなど1日1艇~3艇ほどラフティングツアー終了後に毎日のように修理を行っていた時期がありました。あらゆる個所の修理を行い、修理経験は数百回はあると思われます。

またこれまでに数社のボートメーカーで修理方法も学びましたが、1からボートを作れないとボート修理は無理だと感じたのと、メーカーでボートを作っている、おばさん(20年以上の経験者)に、「20年以上も毎日のように行っている、わずかな時間で習得出来る技術では無い!」と叱られたことも有りましたが、本当におっしゃる通りです。

ボートを大事に扱う、保管する。それですね。
ラフティングツアー、バナナボート使用している方、ツアーを行っている会社のスタッフの方で破損すること、破けることを前提に扱っている方がどれ位いるだろうか。破れないと、ちょっととしたぐらいでは壊れないと思っているのでは。

扱いや保管方法で使用する寿命は間違いなく長くなります。

以下は、使用や保管の注意事項です。


  • 使用前には、毎回必ずラフトボート全体の確認。
  • アウターチューブライン、スォートチューブラインの遊びが無いようにする。
  • ボート搬送時は足元に十分注意する。
  • 独りでの搬送を避け重さの負担を軽減するために複数の方で搬送する。
  • ボートを引きずらない。(ボート生地が破損します)
  • ボートを高い位置から投げ落とさない。(ボート生地が破損します)
  • 各Dリングは接着剤で取付けの為に大きな力で引くと接着面が剥がれます、力を分散するなど負荷が掛からないように工夫する。
  • 岩等に故意に当てない。(ボート生地が破損します)
  • 炎天下に放置しない。(接着面は熱に弱い為、接着力が弱まり剥がれます)
  • 空気注入口のバルブより空気漏れが無いか確認。
  • ラフトボート床面にある空気圧調節弁が機能するか確認。
  • 空気調節弁が働かない場合は破損している可能性。
  • 空気入れ過ぎ、炎天下では空気調節弁からのリリースが追いつかない事が有る。
  • 天候、気温、水温によって空気圧の調整を行う。
  • 汚れた場合は水を掛け砂等の汚れを取り除く。
  • 河川、海での使用時には気象状況、水理現象、流れ等充分な知識が必要。
  • ラフトボートの保管は紫外線が当たらない場所で保管。
  • 膨らませた状態で保管をする。
  • 丸めて(ロールアップ)保管する場合には、軽くまるめ、立てない。



ラフトボートの修理(穴あき)
ボートを修理してくれる業者は国内には殆どありません、対応してもらえてもそれなりの修理費用は発生します。自身で修理する技術を身に着けることです。

このページにたどり着いているようであればすでに手遅れで、ボートが破損し修理方法を検索し、このページにたどり着いたのでしょう。
以下は修理の一例です。
要は接着剤の接着力と、ちょっと器用であれば単純な穴あき修理は出来ます。
1㎝程の穴が開いた場合は、中から生地を張り付けることをお勧めします。
下記はネズミに悪戯されたそうで、複数個所が画像の様な穴が開いている珍しいケースではあります。
※後に丸い生地が残っていたことに気付き、後では丸くマスキングテープを貼り変えています。
 ※画像は最初の画像の場所と異なります。やすりを掛けている写真を取り忘れたので・・・
やすりで凹凸やコーティングを削ります。削り面をきれいに拭きます。
この日は湿度60%前後でした。
右側の四角の黒い生地は内側から張り付ける生地です。
薄く接着剤を1度塗り7分乾燥させました、ボートの内側からも薄く塗ります。その後2度目薄く塗っています。さらに7分乾燥させました。

穴が小さい場合、通常は下記写真の生地と生地の張り合わせ(縦に貼っている生地)を外し内側から接着剤を塗りますが、それを行う勇気が無いですね。それが出来るぐらいならこのレベルの修理は簡単に行えると思います。
生地にはあらかじめ十字に印を付けています。
穴から内側から貼る生地を入れ、目印の十字を合わせます。
少しドライヤーで熱を与えながらローラーなどで押しながら貼り付けます
丸生地が残っていたのでマスキングテープを丸く貼り変えています。
外側にも薄く接着剤を2回、乾燥時間を各7分乾燥させています。
丸生地にも十字で印を入れ貼り合わせてます。
ドライヤーとローラーで押し、貼り付けます。
約24時間乾燥。
石鹸水で空気漏れが無いかを確認します。

全部で大なり小なり6か所ほど悪戯されており、それなりに大きな穴も有りましたが、使用できる状態に修復しています。黒生地の修理箇所は全て内側からも生地を貼り付けています。