2020年2月29日土曜日

NEW タイプ 水難救助用プロセーフブーツ

ようやく新しいモデルの水難救助用ブーツが入荷しました。

都市型の洪水や河川での救助活動時にスキューバーダイビング用のシューズで対応している組織もありますが、ダイビング用シューズでは靴底が柔らかく岩場、硬い地面を歩いたり、走ったりするには不向きです。また突起物や岩等から足を守るには不安要素が多く、その様な状況で長い時間の活動には救助者の負担が大きくなります。人は陸上の生物ですので、水中、水上での活動はで冷えると、血行が滞り、筋肉に必要なエネルギーを十分に運べなくなったり、神経の伝達に必要なミネラルのバランスが崩れたりします。その結果、筋肉がうまく動かなくなり陸上、水中関わらず、それが起これば自身の安全も確保出来なくなります。
毎年、日本のどこかの地域で水害が発生しています。組織が動かなくとも自身の安全を最優先に考えて下さい。戻らねば悲しむ家族がいます。



プロセーフブーツはEN 20345:2011認証された優れたブーツです。
従来のタイプ、セフティブーツと同じ靴底で滑りにくい靴底は安定感があります。柔軟性と耐油性、帯電防止性も備えられています、毎年の起こる豪雨、浸水害において最適なブーツです。

ダイビングシューズ含め、ウォーターシューズの多くは着脱に時間が掛かります。革新的なダイヤル式での解放、締め付けはグローブを取り付けていても容易に迅速に着脱が行えストレスがありません。特に緊急性な事案においては非常に重要です。締め付け時はボタンを押し込み回します、緩める際にはボタンを上にあげるだけで簡単に解放されます。紐の引っ掛かりを最小限にするために考慮されています。

ブーツの寿命を長くするために抗菌加工されています。また、つま先保護、踏み抜き防止(貫通防止)、ポリウレタン樹脂強化アウターヒール、ブーツの前面と側面に沿った二重の保護材は、ブーツに穴を開けたり擦ったりすることによる衝撃や鋭利な物体から足を守ります。

耐久性や足の保護のために快適性を犠牲にしている訳でなく、軽量で柔軟性があり、内側はメッシュ生地でブーツの通気性、及び快適さを高めるために成形され、人間工学に基づいて設計されています。
ブーツの内側には排水しやすいようにメッシュ生地が備えられています。

ウェットスーツ、ドライスーツどちらでも対応出来ます。従来のセフティブーツはハイカットタイプの為にウェットスーツ着用時には裾をブーツの上から覆うには負担があります。ウェットスーツ着用が多い方にはこのNEWモデル(PROセーフブーツ)がお勧めです。


2020年2月19日水曜日

熊本県 ロープレスキュー講習

先日、熊本県 某市 において講習依頼を受けロープレスキュー講習を行いました。
今回の驚きは8名の受講者の平均年齢が22.3歳。
高校、専門学校、大学を卒業して間もなく、またこれから大型車両の免許など取得に必要な費用がいる中で決して安くない3日間の(海外の講習に比べると安いですが)講習に参加してくれました。




出来り限り資機材の販売には協力させて頂いていますが、今後は若い方たちがもっと受講しやすい様に講習についても協力していきたいと感じました。
ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

※受講者のお父さんと同じ年齢だったみたいです。この時がいつか来るとは思っていましたが、ちょっと何かショックでした。

2020年2月13日木曜日

ラフトボート操船講習

ラフトボートの操船講習を開講します。

気象庁では今後も大雨は増加傾向にあると発表しています。
大雨の被害は広範囲にわたり、それが毎年日本各地で発生しています。

多くの救助分野がある中で水辺での訓練時間を設けることが難しい状況です。
レスキュー3の講習に参加して頂いた方には1時間ほどの時間を作りボート操船を行っていますが、どうしても力が入りすぎてしまう傾向にあります。
ボート操船の技術を高めて頂く為に今年より1日の時間で操船技術を高める講習を開催します。





2020年2月3日月曜日

救命浮環(ライフブイ)

数年前より船舶免許教員としても活動していますが、船舶に法定備品と定められているライフブイ(救命浮環)ですが、今は以前よりもあまり必要が無いのではと思っています。

と言うより、リバーレスキュー講習の中でロープを投げる項目があり、投げ慣れていない方は岸から10m程離れた要救助者に、的確に投げるのも簡単では無い。スローバックに比べて大きな救命浮環を的確に投げるのはより困難で、しかも安定しない船上から投げれば、さらに難しいことになる。

船舶においては2年前よりライフジャケット着用が義務になり落水した際には浮力は確保される。それであれば、引き寄せるために、潮流で流されない様にするには、私たちが川で使用するスローバックの方が迅速に、より的確に投げることが出来ると思われる。

2年前まで着用義務が無かったために救命浮環(ライフブイ)が法定備品と定められているのは分かりますが、無くしても良いとは言わないが、スローバックの方が迅速で的確だと思う。

船上で活動されている方、下記商品をご検討してみて下さい。




2020年1月21日火曜日

ブルーウォーターSAFE LINE 9.5mmと11mmロープ

Blue water ropesのSAFE LINEの9.5㎜のロープと11㎜ロープ。

Blue water ropesのSAFE LINE 11㎜を好んで使用しています。
柔軟性があり結び易い、伸び率も表記された数値でなく実際に使用した伸びの感じも、そこまで違和感もなくフレームの固定やバックタイ、メインロープ等オールマイティに支障は無いと感じているからです。

VTプルージックのテスト評価から9.5㎜のSAFE LINEも取り入れてみた。RFRのマイク先生が9.5㎜、山岳救助においては充分使用出来ると教えてくれた理由も大きい。
11㎜ロープに柔軟性があるので、固定概念が働き9.5㎜はさらに扱いやすいだろうと思い込んでいた。なんとー。11㎜の方が柔軟性があった。理由は分からないが11㎜ロープに比べて少し硬いことに驚いた。外見を見てみよう。グリーン9.5㎜、オレンジ11㎜

外皮の編み方は変わりは無い。
ロープに輪を作るとオレンジの11㎜ロープの方が径が小さいことが分かる。
もう一つ違いがあるのは外皮の厚さに違いがあった。オレンジの方が外皮に厚みがある。
細いロープが柔らかいと思い込んでいた固定概念だった。
でも、これはBlue water ropesの特徴かもしれない。








2020年1月10日金曜日

2020年も宜しくお願いします。

今年も宜しくお願いします。

欲張らずにボチボチ過ごすことを目標とします。

40代も最後の年で体力的にも随分衰えていますので出来る限り良い状態を保つため下記、ヨガインストラクターのマリコ先生に自宅で、ほぼ毎晩マンツーマンで40分~1時間お世話になっています。



体が硬い、お疲れの方に超お勧めです。そうでない方も関節の動きの幅を広げることで疲れにくくも怪我も起こりにくくなりますので体が資本の皆様にはお勧めです。
youtubeです😂が、自宅で出来ますのでコストが掛かりません😀

「ヨガ B-life」←クリック


今年もボチボチと言いながら、しっかり前に進み出来る限りの情報を皆様にお伝え出来ればと思っています。
改めまして今年も宜しくお願いします。



2019年12月23日月曜日

VT プルージック

ブルーウォーターロープスのVT Prusikは内芯を耐久性のあるナイロン素材、外皮は丈夫で耐熱性のあるテクノラアラミド素材を使用した特殊なデザインです。

2019年11月にインターナショナル・テクニカル・レスキュー・シンポジウム(ITRS)でVT Prusikを使用したレスキュービレイについてRFRのマイクギブス氏が発表されています。
タンデムプルージックに適した、おそらくそれ以上に優れた代替え品と評価されています。
11㎜、12.5㎜のロープだけでなく9.5㎜のロープに対しても有効に働きます。
SMSB(シングルメインセパレートビレイ)、TTRS(ツーテンションロープシステム)においてもテストされています。
2011年よりVTプルージックのテストを開始して2014年にITRSで初めて発表し、その後もテストを続けます、その多くは人の操作による落下テストです。
2019年8月にメーカーやモデルの異なるロープと組み合わせ合計25回のBCCTRのドロップテストを行い全てにおいて基準を満たしています。

2020年1月入荷次第販売予定です。